Ensemble φ 取材

25日は、Ensamble φのリハーサルをチャイコ中心に。秋前のリハーサルはこれが最後なので、3人共ものすごく集中してやりました。φリハのあとは、ヤマハアーティストサロンをそのまま独占して、31日リサイタルのリハーサル。YAMAHAのCFXでドビュッシーのプログラムを弾くのは初めてなんですが、懐が深く、いろんな音色を出して話しかけてくれます。充実したリハができて31日のリサイタルが楽しみになりました。

○7/31の詳細はこちら→宮谷理香ピアノサロンコンサート


翌26日は、Ensamble φ取材の一日。動画撮影、スチール撮影と、音楽雑誌4社のインタビューを受けました。
動画を覗き込んで確認しているところ。
P7268420[1]縮小2

Ensamble φとして公に存在するのは、この日が初めてのことでしたので、インタビューにお答えしながら新たな発見がいっぱい!考えを言葉にして伝えることって大切なんですね。改めて情熱を確認しあったり、お互いの考え方の共通点や違いを認めあったり、表現の言葉選びの個性に感心したり・・・たくさんの気づきを与えられる時間を経た後には、私たちはすっかり「Ensamble φ」として存在していたのでした。

初めて人前で演奏したφ。演奏シーンを撮影中。
(Vn 礒絵里子、Vc 水谷川優子、Pf 宮谷)
P7268442[1]縮小2

ドレスでのスチール撮影。
P7268450[1]縮小2

φデビューの瞬間をぜひ、皆さまも共に味わってくださいね。
20120726マ・0171m縮小2

この二日間ずっとヤマハさんのサロンで過ごしました。お世話になりましたYAMAHAの皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございます!(写真3点はヤマハさん提供、最後の一枚はサラサーテさん提供です。)

○10/31の詳細はこちら→Ensemble φ デビューコンサート
○Ensemble φ(ファイ)とは?→Ensemble φ はじめまして
○水谷川優子さんのブログ→水谷川優子のチェリスト日記
○礒絵里子さんのブログ→絵里子ダイアリー

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

CMCピアノコンクール2012@豊橋

7月22日は豊橋市民文化会館にて、中部楽器さん主催ピアノコンクールの審査をしました。朝から晩までみっちりのスケジュールで160人の演奏を聴きました!点数をつけるのはもちろん、160人分のコメントを書くのが大変でしたが、次につながり励みになるように、ひとりひとりに話しかけるようにメッセージを綴りましたょ。

今回はDuo Graceの二人一緒に審査をしました。審査員は高橋多佳子さんのほか、作曲の北浦恒人氏、ピアノ教育の内田奈津子氏。全体講評もそれぞれお話して、表彰状を渡すのもDuo Grace二人で。珍しい体験でしたが、これも主催者中部楽器さんの「より多くの人に音楽を!」という素晴らしいアイディアなんです。9月にはDuo Graceのリサイタルを企画してくださっていて、生徒さんから見ると、審査でコメントを渡されたピアニストのコンサートがすぐ後にあるわけですね。子供たちが親しみを感じてくれるといいな。

Duo Grace Recitalの詳しい情報は、このブログ内の「9/16詳細記事」をご覧ください。
20120916チラシ縮小2

テーマ : ピアノ
ジャンル : 音楽

出逢いの時間

Debussy展
『ドビュッシー、美術と音楽』開催中のブリヂストン美術館に、ジャン=ミシェル・ネクトゥー氏(仏国立科学研究所学芸員)による土曜講座「象徴主義のただ中で:ドビュッシー、音楽、絵画、詩」を聴こうと、21日豊橋入りを前に出かけました。

ところが!!!!

氏の都合により帰国、中止と会場入口で知った私。しばし呆然(;O;)

ジャン=ミシェル・ネクトゥー氏の本には学生時代から親しんでいて、フォーレの最新研究本が出たと末吉保雄先生の授業で紹介された時には必死で読んだのでした。今回はその方のドビュッシー論、どうしてもお話が聴きたくて、美術館窓口でのみ販売の講座チケットを手に入れるために事前に出向いて、購入。そしてこの講座の時間を捻出するのもどんなに苦労したか。。。残念。落胆。悲しくて仕方ありませんでした。
と同時に、立場が変われば、演奏会に足を運んで下さるお客様に、このような気持にさせてはいけない!、笑顔であたたかい気持ちに満たされて帰っていただかなくては!、一枚のチケットを手にする想いを受け止めるステージを創らなくては!、と改めて強く心に思ったのでした。
(ちなみに講座のチケット代金は払い戻され、代替として島田紀夫氏=同美術館長の講座が無料開催されました。)


さて、気をとりなおして『ドビュッシー、音楽と美術』展。
ドビュッシーのインスピレーションの源、時代の空気を、さまざまな鍵からその質感と共に体感することができ、濃密な充実の時を過ごしました。(講座チケット購入の際に鑑賞した『あなたに見せたい絵があります』展と重複作品も多数あったけど、見せ方が違っていてまた面白かった)
ドビュッシーの生きた時代の息吹が溢れる空間で、私が特に嬉しかったのは「金色の魚」を書くきっかけになった蒔絵の実物と対面できたことと、「アルケル」に出逢えたこと。31日のリサイタルでも、お話しますね。


Debussy展②
ドビュッシーほか、セザンヌ、エルミタージュなど最近出かけた美術展のカタログ。絵を観に行きたいのは、描き手と直に会話したいからだろうなぁ。作品の前に立つとき、キャンバスに向かっていた絵描きと時空を超越して出逢える、こんな贅沢ってあるかしらん♪楽譜と向き合う想いと重ね合わせてるんですね。きっと。



テーマ : 美術館・美術展情報
ジャンル : 学問・文化・芸術

「Rain Tree 樹」 特選盤!

レコ芸8月号
レコード芸術8月号 新譜月評(p127)で、CD「Rain Tree 樹」、 特選盤に選んでいただきました!

CDは、プロの仕事を結集して 創り上げているんです。録音技師の櫻井卓さん、ディレクターの野田智子さん、調律の川真田豊文さん、そしていつも私を支えてくれるマネジャーの長嶋晃代ちゃん。この制作チームなくては生まれてこない音、創りだせない一枚です。素晴らしい制作スタッフみなさまに、心から感謝しています。
ドビュッシーイヤーにCDを発表したいとずっとあたためていた、念願の新盤。よろしければぜひ手にとって聴いてくださいね。
CD発売を記念したリサイタルは、7月31日(水)ヤマハ銀座コンサートサロンで。詳しくはこちら→7/31情報

テーマ : CDレビュー
ジャンル : 音楽

Duo Grace豪華なる響き@いちょうホール

Duo Grace アー写

10月21日(日)東京 八王子

タイトル
シリーズ「ショパンへの旅」 Vol.3 ~デュオ グレイス~豪華なる響き
会場 いちょうホール(八王子市芸術文化会館)
開演 15時(14時30分開場)
出演 デュオ・グレイス高橋多佳子&宮谷理香
曲目
【連弾】4手のための変奏曲(ムーアの民謡風主題による) ニ長調
【宮谷ソロ】ワルツ第6番「小犬」、舟歌作品60
【高橋ソロ】エチュード「エオリアンハープ」、バラード第4番
【2台】ロンド ハ長調 作品73、ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11(※楽章間で第1ピアノと第2ピアノの奏者の交代があります。Tutti一部省略。)

チケット <全席指定>友の会/単独券3,200円、一般/単独券3,500円
4公演通し券10,000円 ※残席わずか(4公演とも同じ席になります。お一人様2枚まで)

チケット販売窓口 いちょうホール042-621-3001、南大沢文化会館、学園都市センター、オリンパスホール八王子
▼一般 単独券のみ=チケットぴあ(Pコード165-684)、ローソンチケット(Lコード31983)

主催 公益財団法人八王子学園都市文化ふれあい財団
〒192-0066 東京都八王子市本町24番地1号 042-621-3005

○「ピアノの詩人」と称されたショパン。愛と情熱、苦悩に満ちたその生涯に、さまざまな角度から迫るシリーズ「ショパンへの旅」。【Vol.3 ~デュオ グレイス~ 豪華なる響き】では、2台ピアノ、連弾、ソロで、さらなるショパンの深みへご案内します。
ピアノコンチェルトの醍醐味を、2台ピアノでお楽しみいただきます。ショパンコンクール入賞のお二人のアイコンタクトもお楽しみに!(チラシより)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ピアノフェスタ@博多

14日は博多シティ内にあるJR九州ホールで開催されたピアノフェスタでコンサート。ステージには三台のグランドピアノが!真中が、コンサートに使用したスタインウェイのD型=フルコンサートグランドです。バッハで幕開け、最新のCDからドビュッシー作品と、ショパンの名曲を演奏しました。
20120714ピアノフェスタ博多⑨縮小

楽器ごとの特徴や歴史をお伝えするコーナー。島村楽器の鈴木由行さんと共に対談形式でお話。
20120714ピアノフェスタ博多③縮小

ウィナートーンと呼ばれる音色が光る 木目のザウターでは ベートーヴェンやモーツァルトを、およそ100年前のべヒシュタインでは、「月の光」や「ラ・カンパネラ」を弾いて、音色やアクションの違いを弾き比べしました。
20120714ピアノフェスタ博多⑤縮小20120714ピアノフェスタ博多⑦縮小
ピアノと初対面の時って、人との出逢いみたいですよね。一台一台それぞれに個性が際立ち、さまざまな会話が始まります♪幸せな出逢いをありがとうございます!

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

おひさしぶりです

シェリーです!
イ草を敷いてもらったんだけど、どんな具合かな・・・
シェリー④縮

うん、悪くない寝心地。
シェリー⑦縮

満足~♪

シェリー①縮

テーマ : レトリーバーと暮らす
ジャンル : ペット

『珠玉のトリオを紐解く』@朝カル新宿

9月29日(土)東京 新宿

タイトル 『珠玉のトリオを紐解く ~ベートーヴェン「大公」~』
時間 13時~14時30分
出演 宮谷理香(ピアノ)、礒絵里子(ヴァイオリン)、水谷川優子(チェロ)
曲目 ベートーヴェン「大公」
問合せ 03-3344-1941
○朝日カルチャーセンター新宿教室のHPはこちら→朝日カルチャーHP

○ベートーヴェンと生涯親交が深かったルドルフ大公に献呈された「大公」は、優雅さと気品にあふれた作品です。ソロの演奏家として各方面で活躍中の3氏による息の合った演奏と、それぞれの立場からの解説をお楽しみください。(チラシより)

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

七夕チャリティ@杉田劇場

雨が降りしきる土曜日でしたが、会場内はあたたかな雰囲気があふれていました。杉田劇場での七夕チャリティ、おかげさまで たくさんの方が足を運んで下さいました。ヤマハ横浜店からのパワフルな応援も心強かったです。出演者全員、学校や年齢の枠を越えて想いを繋げ、心をこめて演奏させていただきました。
20120707チャリコン②縮小

ロビーでは皆さまからの善意を たくさん募金箱にお寄せいただきました。ご協力、有難うございました。集計などまたお知らせいたしますね。

その後、中華街へ大移動して打ち上げ。後列左から二、三人目が、今回のチャリティを主催・企画された「かながわ音楽のつどい」の出口比呂子先生、川添雅恵先生。
20120707チャリコン⑤縮小

●こちらのチャリティコンサートから、74,194円を日本赤十字社通して寄付させていただきました。ご来聴の皆さまのあたたかいご協力、本当にありがとうございました。(7/16追記)

テーマ : LIVE、イベント
ジャンル : 音楽

はじめまして!

Ensemble φ

アンサンブル ファイと申します。このたび、礒絵里子(ヴァイオリン)、水谷川優子(チェロ)、宮谷理香(ピアノ)の3人が、室内楽の世界を追求するべく新しく結成するユニットです。
よろしくお願いします!
20120705φリハ.JPGS

ピアノトリオを核に、今後はさまざまな編成の室内楽への取り組みを視野に入れています。「φ」は、美術や芸術、自然界などにおいて最も美しいとされる「黄金比」を表す記号であり、音楽において、いつまでも美しく上質な音楽に挑戦し続けるユニットでありたい、との願いをこめて命名しました。

公式デビューコンサートは10月31日(水)ヤマハホール公演となります。(公演詳細は、ひとつ下の記事をご覧ください)
演奏するのは、「大公」と「偉大なる芸術家の思い出」という巨匠プロ!真正面から室内楽に取り組みたい、という願望の現れなんですが、、ひょっとしたらリサイタルよりも大変なこの曲達。一歩ずつ共に前進する喜びで ワクワクしながらリハーサルしています♪素晴らしき出逢いに感謝!
Ensemble φ、秋には皆さまにお会いできます。どうぞよろしくお願いします。


○このブログ上の前回リハのもようは→こちら
○水谷川優子さんのブログはこちら→水谷川優子のチェリスト日記
○礒絵里子さんのブログはこちら→絵里子ダイアリー

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

sidetitleプロフィールsidetitle

Rika Miyatani

Author:Rika Miyatani
CLASSIC PIANIST宮谷理香の活動報告、スケジュール、CD情報などをお知らせします!
宮谷理香公式サイトはこちら

sidetitleカレンダーsidetitle
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleディスコグラフィーsidetitle
cd_chopiniv_s.jpg
POLONAISE
~Rika Plays ChopinⅣ
★レコード芸術特選盤★



新譜「彩」ジャケットsss
Impromptus「彩」
~Rika Plays FantaisieⅢ
★レコード芸術特選盤★



IMGN1105ジャケット超縮小
Rain Tree「樹」
~Rika Plays FantaisieⅡ
★レコード芸術特選盤★
★CDジャーナル推薦盤★
★Audio Basic特選盤★
BARKSニュース記事



Brin「芽」
~Rika Plays Fantaisie
★レコ芸特選盤&優秀録音★



Duo Grace高橋多佳子&宮谷理香セカンドCD
[Stravinsky&Saint-Saens]
★レコード芸術特選盤★



Duo Grace高橋多佳子&宮谷理香デビューCD[GRACE]
★レコ芸特選盤&優秀録音★








sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle

2011以前の活動スケジュールはこちらをご覧ください
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新コンサート情報sidetitle
宮谷理香公式サイト

宮谷理香公式FB


― 2017年スケジュール ―

●9月2日(土)東京・朝日カルチャー新宿教室 「聴きたい、弾きたい ショパン」

●9月6日(水)東京・紀尾井町サロンホール 19時「Global Citizenship Education Network 和解の日 東京コンサート」(Closed)

●9月18日(月・祝)長野・岡谷カノラホール
「語りと音楽でたどる 〜ショパンの哀しみ〜」

●9月22日(金)佐賀市内のアウトリーチ学校訪問

●9月23日(土) 佐賀・佐賀市文化会館中ホール
「宮谷理香 ピアノの詩人ショパンを弾く!」

●9月30日(土)栃木・足利市民プラザ
「ピアノ2台ユニット公演」

●10月10-12日 Recording

●10月18日(水)金沢(Closed)

●10月22日(日)東京・すみだトリフォニ―ホール 「ノイフィルハーモニー管弦楽団 第14回定期」

●10月27日(金)長野県安曇野市立穂高東中学校 「《田舎のモーツァルト音楽祭》アンサンブル φ」

●10月28日(土)長野・あづみ野コンサートホール
「理香りんの楽しいレッスン」

●10月29日(日)長野・あづみ野コンサートホール
「宮谷理香ピアノリサイタル」

●11月12日(日)京都・福知山市厚生会館大ホール
「宮谷理香ピアノリサイタル」

●11月16日(木)青森・十和田市
「Duo Grace コンサート」

●11月19日(日)岐阜・サマランカホール
「ピアノパーティー ~圧巻、ピアノ4台 絶妙、ピアニスト4人~」

●11月30日(木)愛媛・松山市ひめぎんホール
ニッセイ名作シリーズ2017 「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」(学生招待公演 closed)

●12月2日(土)東京・朝日カルチャー新宿教室 「聴きたい、弾きたい ショパン〈脈動の舞曲編〉」

●12月5日(火)金沢(Closed)

●12月15日(金)福井・坂井市ハートピア春江
ニッセイ名作シリーズ2017 「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」(学生招待公演 closed)

●12月17日(日)埼玉・さいたま市文化センター小ホール
「Duo Graceコンサート」



― 2018年スケジュール ―

●1月13日(土)千葉・船橋市民文化創造館きららホール 「ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート船橋1月地区」

●1月20日(土)広島・コンサート(詳細未定)

●1月21日(日)広島・広島県民文化センター 「ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート広島中冬期地区」

●1月25日(木)埼玉県内アウトリーチ

●1月28日(日)大分・ホルトホール大分(小)「ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート大分冬期地区」

●1月29日(月)大分 セミナー「ショパン演奏の秘訣」

●2月7日(水)横須賀
ニッセイ名作シリーズ2017 「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」(学生招待公演closed)

●3月1日(木)飯塚
ニッセイ名作シリーズ2017 「ベートーヴェンと行くアリスのおんがく旅行」(学生招待公演closed)

●3月2日(金)東京 成城ホール「建築と音楽」

●3月10日(土)鳥取「ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート」

●3月18日(日)福山「ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート」

●3月19日(月)福山 セミナー「ショパン演奏の秘訣」 スガナミ楽器本店ホール

●3月21日(祝)逗子「ピティナステップアドヴァイザー&トークコンサート」
sidetitleInformationsidetitle
●●宮谷理香公式サイト●●

●●宮谷理香公式FB●●

●●最新盤CD●●
【POLONAISE ~Rika Plays Chopin Ⅳ】レコ芸特選盤
cd_chopiniv_s.jpg
レコ芸誌上にて「古今、屈指の演奏の一つに数えられてよい」「強さと品格と普遍性がある」と絶賛のアルバム。

●●Web上の音源●●
宮谷理香の「シャコンヌ」
 (2014/12/7ライヴ即レコ収録。読込みに時間がかかる場合があります)
宮谷理香の「シューベルト:即興曲 作品90-2」
 (2014/9/6ライヴ即レコ収録。読込みに時間がかかる場合があります)

●●Web上の動画●●
宮谷理香の「革命」
(「TBSヴィンテージクラシックスFB」2/10付投稿をご覧ください。2015/2/7@赤坂BIZタワーでのライヴ映像)

Ensemble φの「ハンガリー舞曲6番」(2015/5/26ライヴ)
Duo Graceの「Mozart」
Duo Graceの「変奏曲」
Duo Graceの「剣の舞」
Duo Grace「花のワルツ」
 (Roland music TV 2012/11/30)
宮谷理香の「喜びの島」
 (Roland music TV 2012/9/28)
「園田高弘メモリアルコン サート」座談会@園田邸
 (「音楽の友」2013年9月号掲載)
sidetitleContactsidetitle
宮谷理香の出演依頼、
企画相談等の各種問合せは


所属事務所
コンサートイマジン
〒162-0802 東京都新宿区改代町35
TEL:03-3235-3777
FAX:03-3235-3855
担当:いたはしみづき
mizuki-itahashi@concert.co.jp
sidetitleリンクsidetitle